基本的なストーカー対策|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   基本的なストーカー対策

基本的なストーカー対策

もっとも有効なのは「メッセンジャー」の存在

リラックスする女性 では、ストーカーに対してどのような対応を行うことがベストなのでしょうか? ストーカーの目的は、相手に何らかのメッセージを伝えることが中心となっています。そのため、最も理想的なのはストーカーが信頼している友人が「メッセンジャー」となることです。

ストーカーが被害者に伝えたいことを代わりに聞いてあげて、そのメッセンジャーを仲介して、被害者に伝え、そして、被害者がそれに対して手紙なり電話なりで率直な返事をしてあげる。このように、ストーカーが信頼をしている友人が間に入ることにより、ストーキング行為が収束に向かうケースが多いようです。

シャットアウトは最悪の状態も

殺人や傷害事件にまで発展してしまう場合で最も多いのが、他人が間に入って、被害者とは決して会わせないようにするという対策だと言われています。

徹底的な無視を決め込み、ストーカーをシャットアウトしてしまうことは、時と場合によっては有効な手段にもなりますが、シャットアウトされたことにより、段階踏んでストーカーの行為はエスカレートしていくことも多く、最悪の結末として、殺人へと繋がる事件もあります。

エスカレートしていく行為の第1段階は、待ち伏せや無言電話です。ストーカーは、自分に都合の良い想像をしていることが多いため、「私のことをまだ好きなのに、他の誰かを気遣って、ああいう態度をとっているのだ」などと、有り得ない思考回路に陥っている場合があります。

そして、ストーカーが全く知らない他人が介入してきた時、ストーカーの行為は、第2段階へと進んでいく可能性があります。当事者へ一直線に向かっていたストーカー行為が間に入ってきた他人に矛先が変わることがあるのです。このような場合は、重大な事件へと発展していくことが多いため、さらなる注意が必要となります。

ストーカーが求めているのは「人間的」な扱い

あなたが誰かに声を掛けた時、無言でプイッとどこかへ行かれてしまったらどう思いますか?
きっと頭にくることでしょう。 ストーカーも同じです。

曖昧な態度のままで、相手にしてくれなかったり、さらには見知らぬ第三者に介入される。その挙句、見知らぬ第三者からも非人間的な扱いを受けてしまっては、火に油を注ぐようなものです。

ストーカー行為自体は、体力もお金も時間も相当、浪費します。紳士的に、且つ、しっかりと向き合うことで、ストーカーの復讐心を和らげて行くことが、ストーカー行為を終結させる秘訣とも言えるでしょう。


ストーカー規制法とは?

TOPページ