ストーカーのタイプ|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   ストーカーのタイプ

ストーカーのタイプ

恋愛・復讐タイプと妄想タイプ

一言にストーカーといっても、ストーカーのなかにもいくつかのタイプが存在します。 タイプによって適切な対処法も異なってきますので、まずはストーカーのタイプを4つに分類してみてみましょう。

まず1つ目のタイプとして挙げられるのが、恋愛・復讐タイプです。このタイプがストーカーのなかでもっとも多いタイプと言えるのではないでしょうか。 このタイプは、相手のことを思うがあまり、気持ちが高ぶってしまうストーカーです。その恋愛が成就しなかったり、もつれてしまったり、または恋愛以外でも会社や学校などのいじめの仕返しなど、復讐心からストーカー行為が始まる場合もあります。

2つ目に挙げられるのが妄想タイプです。
このタイプは徐々に行為がエスカレートしていきますが、実は、突然ストーカー行為をやめるパターンが多いのも、このタイプです。無言電話を掛けたり、間違い電話を装ったりするだけではなく、周囲の人に自分と相手が恋人同士であるかのように話すのが、このタイプの特徴です。

集団ストーカーとネットストーカー

スマホとビジネスマンの写真 ストーカーというと、個人での行為が連想されますが集団ストーカーというタイプもあります。これが3つ目のタイプとして挙げられます。 このタイプは、集団で個人を精神的に追い詰めていくような行為を行います。

まったく根も葉もないような噂を流されたり、監視されていたりしたら、このタイプのストーカーを疑ってみてください。このタイプの行為は長く続くことが多く、自殺や犯罪などを強要される恐れもあります。

最後に4つ目としてネットストーカーが挙げられます。
このタイプは、チャットや掲示板などからプロバイダーやアクセスポイントを調べ、住所や名前、電話番号などを入手してしまいます。

また、あなたのホームページやブログなどからも情報を得ている可能性があります。それらの情報から、オンラインの中だけにとどまらず、ストーカー行為が始まることもあります。顔が見えない相手だと思って油断しないようにしましょう。


ストーカーの被害について

TOPページ