仕掛けられやすい場所|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   仕掛けられやすい場所

仕掛けられやすい場所

個人の部屋の場合は?

スマホを操作する男性 様々な種類がある盗聴器ですが、実際にどのようなところに仕掛けられやすいのでしょうか?場面に応じて、紹介してみたいと思います。
まず、個人の部屋の場合です。この場合、いちばん仕掛けられやすいのは「保安器」だと言われています。

保安器とは電源線や通信線を、雷などによる異常電圧・異常電流から電気機器を保護する装置のことです。これに最も仕掛けられやすいようです。

次いで、クローゼット、コンセント、エアコンなどが仕掛けられやすい場所として挙げられます。なかにはドアの新聞受けの裏側などに仕掛けられることもあるようです。

オフィスの場合は?

会社や事務所などのオフィスの場合はどうでしょうか。
会社のオフィスの場合は個人の部屋に比べ、仕掛けられる場所が少ないと言われています。
室内では、コンセントやクローゼットの内側、デスクの下などにある電話などの分配器、延長コードなどに仕掛けられるようです。

中には、万年筆や電卓に偽装した盗聴器を社員にプレゼントすると言う手口もあるので注意が必要です。また、オフィスだけでなく重要な話し合いをする会議室、内輪話や同僚・上司の悪口に花を咲かせる機会も多いロッカールームや給湯室にも仕掛けられることがあるので、要注意です。

外泊先の場合は?

ホテルや旅館の場合、盗聴器の他に盗撮用のカメラにも注意が必要です。 仕掛けられやすい場所としては、天井の照明器具が最も多いことで知られています。 次いで、カラオケなど音響機器、防災用の火災報知機に偽装して仕掛けたもの、スピーカー、絵画などの裏、ベッドのコントロールパネルなどに仕掛けられていたりします。

ラブホテルの場合においては枕元に盗聴器が仕掛けられていることもあるので注意をしましょう。


自分で盗聴器を探すには?

TOPページ