盗聴器の違い|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   盗聴器の違い

盗聴器の違い

仕掛け方による違い

盗聴器と一言に言っても、現在では様々なタイプが存在しています。
まず、仕掛け方による違いを見てみましょう。仕掛け方によって、盗聴器は大きく2つに分けることができます。

1つ目は「電話盗聴器」です。これは室内外の電話回線に盗聴器を仕掛け、電話回線内を通るアナログ音声を電波として発信するものです。 多くの方が「盗聴」と聞いてすぐに思い浮かぶのは「マイク」による集音でしょう。 しかし、これは回線内の電流を拾うので、マイクではありません。アナログ波であればファックスでも盗聴できてしまうのです。

2つ目は「室内盗聴器」です。これはオーソドックスなタイプで、聞きたい音声をマイクで集音するものです。どこにでも仕掛けることが出来る一方で、話している人間との距離や、周囲の雑音によっては、音声が聞き取りにくくなってしまいます。

電源による違い

男性のイメージ 盗聴器も電気製品である以上は、どこかから電源が供給されなければ動くことはできません。そんな電源により、分けると次の2つのタイプがあります。

まずは電池式の盗聴器です。盗聴器内蔵の電池により作動しますが、電池が切れてしまえば当然停止してしまいます。通常、連続稼動は1週間程度と言われており、置きっぱなしにしておくと、すぐに使えなくなります。

1週間ごとに電池交換が必要なため、このタイプは身内の犯行と考えられる場合が多いと言われています。もう一つは、電源供給式の盗聴器です。このタイプはコンセントなどから、電気を供給して動くタイプです。コンセントに差し込んでさえいれば、常に電気が供給されるため、壊れるか、盗聴器そのものが取り外されるまで半永久的に作動し続けます。

電話回線に仕込んだ盗聴器なども回線内を流れる電流を電源として利用しているため、このタイプの盗聴器に分類されます。


巧妙化する盗聴器

TOPページ