巧妙化する盗聴器|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   巧妙化する盗聴器

巧妙化する盗聴器

仕掛けられた方はたまりませんが

優秀な盗聴器と言う表現は仕掛けられる側にしてみればたまったものではありませんが、仕掛ける側にしてみれば、優秀な盗聴器が欲しいところでしょう。では、優秀な盗聴器というのはどのようなものなのでしょうか。

もちろん盗聴している音声が聞きやすいと言う点もありますが、なにより見つけられない盗聴器ということが第一条件となります。

従来の一般的な盗聴器も、隠し場所によっては見つけにくい「お手上げ状態」であったのですが、最近ではさらに、必要のない時には電波を発しなかったり、電波自体が見つけられにくい方式を取り入れていたりと、さらに巧妙化した見つけにくい盗聴器が出回っています。

どのようなタイプがあるのか

携帯電話を持つ女性 では、見つけにくい盗聴器にはどのようなタイプがあるのでしょうか。

まず、音声感知式盗聴器という盗聴器があります。これは、周囲が静かなときには電波を発せず、音声を感知した時のみ稼動する盗聴器です。不必要に電波を発することがないため、見つけられにくいという利点だけではなく、無駄に電池を消耗しないという利点もあります。

次に、スクランブル式盗聴器という盗聴器があります。これは、数種類の周波数を、なんと1秒間に数回から数十回切り替えて発信するタイプの盗聴器です。送信機と対になった専用の受信機でなければ音声を聞くことが出来ません。つまり、受信した音声を聞くことによる
盗聴器の発見はほぼ不可能です。

最後に、リモコン式の盗聴器が挙げられます。これは、盗聴器のスイッチを遠隔操作により、オン・オフを自由に操ることができる盗聴器です。聞きたい時だけスイッチをオンにすれば良いので、電池の消耗も抑えることができ、また盗聴器の捜索がされている時はオフにすれば良く、発見もされにくい盗聴器です。

このように、仕掛けられる方はたまったものではありませんが、発見しにくい盗聴器が増えてきているのも事実です。


偽装型盗聴器に要注意

TOPページ