自分で盗聴器を探すには?|盗聴調査対策や見つけ方のサポートサイト

HOME   >   自分で盗聴器を探すには?

自分で盗聴器を探すには?

盗聴器探しに必要なもの

盗聴が心配だけど、いきなり業者に頼むのは…と思われる方もいらっしゃることでしょう。そんな時は一度、自分で調べてみるというのも、一つの手でしょう。

まず、ハンディ型の広域受信機を用意します。これは、通信販売で購入することも可能ですし、都内だと秋葉原や日本橋などの電気屋街で手に入れることも出来ます。

受信機を用意したら、電源を入れて盗聴波のスキャンを行ってください。 このとき、自宅に電話回線があれば通話状態にして行ってください。何の反応もなければ少なくとも無線式のアナログ盗聴器は動いていないと判断して良いでしょう。

反応があった場合は

もしも、受信機の盗聴波スキャンが途中で止まったら、盗聴器の電波を受信した可能性があります。受信機の受信状態を示すSメーターを確認してください。 弱いレベルであればさほど心配はありませんが、振り切れるほどの高いレベルであれば、受信機の音量を上げてみてください。

もしも、自宅の生活音が聞こえてくるようであれば、盗聴器が仕掛けられている可能性があります。
可能性が高まった場合は、受信機の感度を弱めてみましょう。いよいよ盗聴器の設置場所の特定に入ります。感度を弱めた状態で部屋を動き回ってみます。特定の場所で受信反応が強まった場合、その周辺に盗聴器が仕掛けられている可能性が高いと言えます。

やはり頼りになるのはプロ

女性がパソコンを操作する写真 このような方法を用いて自分で盗聴器を探すことは可能です。 しかし、この方法ではデジタル盗聴器の発見は出来ませんし、それなりに独学で勉強をして調査に当たらなければなりません。

また、見つからなかった場合でも、盗聴されているかもしれない…という不安を完全に払拭することは難しいことでしょう。やはり不安を完全に払拭するにはプロである専門業者に依頼して徹底的に調査を行ってもらった方が良いでしょう。


そもそも盗聴器とは

TOPページ